入れ歯で食べることに抵抗がある、ま

入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。

これは重要な事実です。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。しかし、医療費控除の対象ではあります。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

こちらから